通販でトリキュラーを手にして使う事が第一歩

妊婦さん現代日本において、避妊はなくてはならないものになっています。

将来設計の為や生活の為に避妊を適切に行って、妊娠しないようにする夫婦は非常に多くなっています。

 

しかしながら、計画的に子作りを行うために、避妊をしていても避妊に失敗して妊娠してしまうという人が少なからずいるのも現実なのです。

では、なぜ避妊に失敗してしまうのでしょうか?

 

避妊の失敗の原因は様々にあります。

現在、日本で行われている一般的な避妊法はコンドームを用いた方法です。

それ以外にも、基礎体温法などで避妊を行っているという人もいます。

どちらも避妊法としてありますが、実際にどのぐらいの確率で避妊を行えるのでしょうか?

 

意外と高い避妊の失敗率

実はコンドームと基礎体温法、共に8割程度の確率で避妊を行えます。

失敗する可能性は2割程度ですから、低いと考える人もいるでしょう。

しかし、10人に2人は妊娠してしまう確率ですから、それは低いとは言えません。

更に、基礎体温法とコンドーム共に正しい知識を持って正しく避妊を行った場合の数値であり、正しくない知識を持って行っていた場合には避妊確率は5割未満となってしまう事も。

こうなってしまうと、それほど、5割で妊娠してしまうわけですから避妊法としてはほとんど機能していないと言えます。

 

正しい方法を持って使えればいいのですが、やはり男性的にはより気持ちの良い方法がいいと考えたり、あっていると思っている方法で実は間違っているなんて言う事もあります。

特に、コンドームでの避妊法に関しては男性が主体となって行う方法であるため、女性側がコントロールしづらいといったデメリットもあります。

 

しかし、女性が主体となって行える、基礎体温法の場合であっても生理不順や生活習慣の乱れといった様々な要因で体温が変化することで、体温の変化に乱れが生じてしまって避妊に失敗してしまうこともあります。

 

そのためコンドーム、基礎体温法ともに避妊法としては確実なものであるとは到底言えない現状があります。

 

トリキュラーなどの低用量ピルを使った避妊の成功率

薬を飲む女性コンドームや基礎体温法では妊娠してしまう可能性がある。

それでも、やはり確実な避妊を行いたいという場合に役立ってくれるのが、トリキュラーなどの低用量ピルと呼ばれる医薬品になります。

この低用量ピルというのは、女性の体を妊娠しない状態にする効果があります。

トリキュラーには女性ホルモンが配合されており、これらの女性ホルモンの作用によって排卵が起きないようになります。

これによって、精子が来ても受精する卵子がないため妊娠する可能性がなくなります。

また、受精したとしても受精卵が着床するのを防いでくれます。

さらに、膣内の粘液が濃くなってより高い粘度になるため、精子の侵入を物理的に食い止めてくれます。

こうした効果をトリキュラーに配合されている女性ホルモンによって受けることができるようになるのです。

 

コンドームは物理的な精子の侵入を防ぐだけ、基礎体温法は排卵のタイミングを見計らうだけ。

というように、それぞれ一つの避妊法で一つの効果しかありません。

しかし、トリキュラーの場合は、排卵の抑制、精子の侵入阻止、着床阻止という3つの効果が三位一体となって妊娠しないようにしてくれるので、非常に高い避妊率を誇っているのです。

 

トリキュラーを手に入れるなら通販が最適?

低用量ピルであるトリキュラー。

非常に高い避妊率を誇っているため、既に海外では一般的に利用されている避妊法となっています。

更に海外の場合は、コンドームを併用して性病の防止にも力を入れていたりします。

こういう面を見ても、日本はまだまだ遅れていると言えるでしょう。

 

そんなトリキュラーを手に入れる方法はいくつかあります。

 

一般的な、病院での処方

病院のイメージ最も一般的なのが、婦人科などの病院で処方してもらう方法になります。

この方法であれば、病院で診察を受けてトリキュラーを処方してもらう事になるので、自分がトリキュラーを服用しても問題がないかといったことが医師によって判断されるので安心して使う事ができます。更に、医師や薬剤師からトリキュラーの服用に関しても丁寧に詳しく教えてもらう事ができるので、服用方法を間違えてしまうといったこともありません。

 

最近増えているトリキュラー通販の利用

スマートフォン病院で処方してもらう以外でトリキュラーを手に入れる方法としては通販の利用があります。

通常、医薬品を通販で売買することは法律によって禁止されています。

それなのに通販が可能なの?と思われる人もいるでしょう。

通販で売買することは禁じられていますが、海外の製薬会社などから日本で承認されていない医薬品を個人使用を目的として個人輸入することは認められています。

当然、個人輸入して手に入れた医薬品の服用に関する責任は全て自己責任となってしまいます。

それでも、日本では処方されていない医薬品を手に入れることができる唯一の方法であるため、これまでも利用されていました。

しかし、利用する人の数自体はソコまで多くありませんでした。

 

その理由になっているのが、言葉の壁です。

海外の製薬会社から直接輸入することになるので、当然言語は英語や製薬会社がある国の現地語となります。

そのため、この時点で利用できる人が一気に減少するわけです。更に、医薬品の輸入に関する法律なども各国で違っているので、そうした部分で問題がないかといったことの調査もしなければなりません。

こうした様々な問題があったからこそ、個人輸入をしたいけどできないという人が多かったのです。

しかし、最近になって登場したのが個人輸入における現地でのやりとりなどを全て代行してくれる個人輸入代行業者と呼ばれる業者です。

こうした業者を利用することで、個人輸入を非常に手軽に行えるようになっています。

 

面倒な部分を代行してくれるだけでも非常に利便性が高いと言えますが、代行業者のほとんどが、ウェブサイトを持っておりそれぞれのサイトがamazonや楽天といった通販サイトと同じような感覚で使えるようになっています。

カートに入れて注文の確定を行い、支払いすることで輸入が実行されるので、ほとんどネット通販を利用しているのと変わらない感覚で、個人輸入を行えます。

 

しかし、上記で上げた通販サイトなどと大きく違うところは、海外からの輸入であるため、実際に手元に届くまでに2週間程度の比較的長めの期間を要するという事があげられます。

 

トリキュラーの通販と病院での価格の違いは?

料金の支払い通販ならば、便利であるものの手元に届くまでの時間がかかるというのがわかりました。

では、それ以外の部分での違いはあるのでしょうか?

実は、あるんです。

その違いというのが、価格の違いです。

 

トリキュラーだけの価格を考えた場合

・病院での処方:およそ2,000円

・通販での購入:およそ1,300円

 

と、700円程度ではありますが差があります。

700円と大きくはないですが、1年継続して飲み続けたりすることを考えると

1万円近くの差になります。

 

更に、トリキュラー以外の費用も当然発生します。

1年間服用を続けると仮定した場合に、

病院で1か月分のトリキュラーしか処方してもらえないと、12回の診察と処方を受ける必要があります。

当然、12回すべてに診察料が発生するため、トリキュラーの価格2,000円+診察料になります。

しかし、通販の場合は法律によって輸入できる数に上限があったりすることもありますが、自分の希望の分量を輸入することが基本的にはできます。

そのため、1,300円を12カ月分一気にまとめ買いするといったことも可能です。

この際、送料として1,000円程度が必要になりますが、何円以上の注文で送料が無料になるといったケースもあるので、まとめ買いをすることによって送料を抑えることができます。

 

このように、病院では薬以外にも診察費用がその都度必要になるのに対し、通販では購入する回数だけ送料が必要になるのでまとめ買いなどを駆使することで送料を抑えることが可能です。

その結果、700円という薬の費用以外の部分で必要になる出費を抑えることが可能です。

 

通販を利用することによって、トリキュラーは非常に安く、そして手軽に手に入れることができるようになっています。

しかし、その分自己責任での服用が必須となりますし、服用方法などについても医師や薬剤師から教えてもらうといったことも出来ません。

 

トリキュラーの通販はこちら

トリキュラーのパッケージほぼ確実な避妊を実現できる低用量ピルのトリキュラーを利用して

女性主体の避妊を行いたいと考えているなら通販が便利です。

トリキュラーは、徐々に女性ホルモン量が増えるタイプの低用量ピルで副作用のリスクが少ないため、副作用が心配という方であっても比較的安心して使えるといったメリットもあります。

 

トリキュラーの購入はこちら